カテゴリー別アーカイブ: 留学生

押庄龙虎平台3年度秋期学位記授与式を挙行 16名の卒業生が晴れの門出を迎えました

IMG_0913-1

東日本国際大学の秋期学位記授与式が9月21日、本学1号館で行われ、16名の卒業生が晴れの門出を迎えました。

 

中山哲志学長が卒業生代表に学位記を授与し、学長賞の表彰を行いました。中山学長は式辞の中で「ぜひ感謝の思いをご両親に伝えてください。コロナ禍にあって、大切な『心もち』として必要なのは感謝の心かもしれません。社会に巣立つ上では、本学で培った「人間力」をもとに、難しいことに敢然と立ち向かう気持ちを持ってチャレンジしてください」とエールを送りました。

 

緑川浩司理事長は「本学での生活の中で、すでに建学の精神にうたっている「和」の心や「仁」の精神を身に付けたと確信しています。これからがいよいよ皆さんの出番。社会においては、果敢にコロナ禍を乗り越えるリーダーとして活躍してほしい」と祝辞を述べました。

 

また卒業生代表あいさつでブ チェウ ティ ニュンさんは「様々な思い出を作ることができたいわきは第2の故郷です。いつも温かく励ましてくれた先生方の笑顔が忘れられません。壁にぶつかったとき、本学での学びを思い出して乗り越えていきたい」と述べました。

 

終了後も卒業生たちは、教職員や仲間たちと語らい、それぞれの前途を祝しながら共に過ごす貴重な時間をかみしめていました。

 

▼卒業生(経済経営学部16名)

総代 アウン チ サン(経済経営学部)

理事長賞 ブ チェウ ティ ニュン(経済経営学部)

総長?学長賞 ホアン タン ビン(経済経営学部)

 

IMG_0840 DSC_1120 IMG_0891 DSC_1146 DSC_1180 DSC_1231 DSC_1247

いわき地区商工会女性部による女子留学生への支援品贈呈式 「コロナ禍の中、充実した留学生活を送ってください」

 

★image8-1

いわき地区商工会女性部連絡協議会による本学女子留学生への支援品贈呈式が7月29日、本学1号館1階で行われました。

同会鈴木礼子氏より「今はコロナの影響で皆さんのアルバイトが減っているので、いろいろ大変だと思っています。このような時には私たちが何か皆さんの勉学に応援ができないかと考え、生活に必要な日用品を贈呈することとなりました。ぜひお役立ていただき、充実した日本での留学生活を送ってください」とご挨拶をいただいた後、女子留学生代表の5名(それぞれ韓国?ネパール?ベトナム?ミャンマー?中国出身)に支援品を手渡しました。

大学を代表して田久昌次郎いわき短期大学学長より「コロナ禍で困っている中、このような形で留学生を支援していただいたことに対し、心からお礼を申し上げます。支援してくださった女性部の皆様方の優しいお気持ちを大切にいたします」と謝辞を述べました。

最後に参加者一同で記念撮影をし、感謝の輪が広がりました。

★image6-1 ★image5-1

留学生別科修了証書授与式を挙行 6名の留学生が夢に向かって晴れの門出を迎えました

IMG_5555

東日本国際大学の押庄龙虎平台3年度秋期留学生別科修了証書授与式が7月27日(火)、本学1号館で行われ、6名の留学生が晴れの門出を迎えました。

 

修了証書授与では、留学生一人一人に修了証書が授与され、福迫昌之学長代行が式辞で現在開催されている東京オリンピックのテーマ「多様性と調和」を紹介し、「みなさんにはいろいろな可能性があり、たくさんのチャンスがあります。これからの活躍に期待しています」と述べました。

緑川浩司理事長は「皆さんは素晴らしい日本語能力を身に着けて本日を迎えました。これからも、様々な課題について、単に課題を解決する人材ではなく、いろんな場面で課題を見つけて解決していける人材としてたくさんの事を日本で学んでください。自分と異なることを認めなくては孤立していきます。他人を認める、他人の良さを見つける事です。『和を以て貴しとなす』という日本の心を学び、それぞれの夢をかなえるためにあきらめない精神で、楽しみながら挑戦していってください。」と祝辞を述べました。

修了生を代表して張津珩(チョウ シンコウ)さん(中国)は「自分の日本語の上達に毎日手ごたえを感じられ、とても豊かな学びができました。コロナ禍の中でしたが、今までお世話になり、本当にありがとうございました。」と感謝の気持ちを述べました。心に響く素晴らしい答辞で、関係者の中には目頭が熱くなっていた者もいました。

 

6名の修了生は本学の経済経営学部をはじめ、それぞれの進路に進む予定です。別科で培ってきた日本語力を大いに発揮して、夢に向かってこれからも頑張ってください。

 

▼答辞全文はこちら

R3別科修了生答辞_張津珩(PDF)

 

S__20406299 IMG_2343-1IMG_2355-1

Enjoy Iwaki Safely! 本学留学生がいわきの観光施設紹介動画を作成しました

本学留学生による情報発信プロジェクト「いわきGLOBAL NETWORK+」は、今年度いわきアカデミア推進協議会の助成を受け、「『コロナ禍に負けない!』観光情報発信プロジェクト」を実施しました。

コロナ禍で思うように活動ができない中、様々な工夫と対策を講じながらいわき地域の取材、発信を行ってきましたが、この度「常磐興産スパリゾートハワイアンズ」と「ヘレナリゾートいわき」のご協力により、2施設の動画を作成、公開しました。

タイトルは「Enjoy Iwaki Safely」で、Part1がスパリゾートハワイアンズ、Part2がヘレナリゾートいわきです。両施設で実施している押庄龙虎平台対策について、留学生が実際に取材し、十二分に満喫できる様々なメニューを体験しました。

スパリゾートハワイアンズでは、ハワイアンズのホテル部門に勤務する本学卒業生の張さんにインタビューし、コロナ禍でのハワイアンズの取組みを伺いました。

取材内容については、動画のほかに体験した各国の留学生による母国語のレポートも掲載していますので、是非下記にアクセスしてみてください。

そして、コロナ禍が落ち着いたら、是非感染対策も万全な、いわきの観光施設にぜひお越しください。

 

◎いわきGLOBAL NETWORK+  http://report.revive-iwaki.net/

 

?Enjoy Iwaki Safely  Part1「スパリゾートハワイアンズ」(日本語ver.)

https://www.facebook.com/IWAKI.GlobalNetworkPlus/videos/146146460637360/

???????01

 

?Enjoy Iwaki Safely  Part2「ヘレナリゾートいわき」(日本語ver.)

https://www.facebook.com/IWAKI.GlobalNetworkPlus/videos/201201964971319/

ヘレナ01

 

(※取材は緊急事態宣言前に実施しました。)

 

押庄龙虎平台2年度別科修了式を挙行 3名の留学生が晴れの門出を迎えました

DSC_0978

 

東日本国際大学の押庄龙虎平台2年度春期留学生別科修了証書授与式が2月3日、本学1号館で行われ、3名の留学生が晴れの門出を迎えました。

修了証書授与では、3名の留学生それぞれに修了証書が授与され、学長式辞では中山学長代行が「別科で学んだことを生かし、志を持って、心の向かうところへ進んでいってください」と述べました。緑川浩司理事長は「自分の持っているものを最大限に生かしながら創造力をもって前進してください」と祝辞を述べました。

修了生を代表してディン ティ ルーンさん(ベトナム)は「この2年間はさまざまなことがあり大変でしたが、それが自分たちを成長させてくれました。いつも家族のように接してくれた別科や国際部の先生方のおかげです」と感謝の気持ちを述べました。

3名の修了生は本学の経済経営学部に進学する他、それぞれの道へ進みます。別科で培ってきた日本語力を大いに発揮して、夢に向かってこれからも頑張ってください。

今後の皆さんのご活躍を教職員一同、心から応援しております。

DSC_0998 DSC_0989 DSC_1006 DSC_1011 DSC_1016

オンライン日本語スピーチコンテスト 本学留学生のブチェウティニュンさんが優勝しました

スピコン①

優勝したブチェウティニュンさん(左)

 

 

第19回いわき地球市民フェスティバル、オンライン日本語スピーチコンテストが11月22日、いわきPITで開催されました。当日、事前に録画した参加者の日本語スピーチを大きなスクリーンに映し、また同時にYouTubeで発信するという、コロナ禍の中でのユニークな形で行われました。

本学経済経営学部4年生で、ベトナム出身の留学生、ブチェウティニュンさんは「いわき市の平和は微笑みから」をタイトルにスピーチし、見事優勝しました。「優勝したことは大学の先生たちのおかげだと思います。卒業後もずっといわきに住みたいです」と喜びを語りました。

今回のオンライン日本語スピーチコンテストを通して、コロナ禍にめげずに頑張っている留学生の生活ぶりを発信できたとともに、留学生にとっても大きな励みになったに違いありません。

スピコン②

いわき市日中友好協会より図書券贈呈 「中国と日本をつなぐ人材に成長していってください」 

DSC_0762

いわき市日中友好協会による新入生留学生への図書券贈呈式が11月13日、本学3号館で行われました。式には同協会から白土和男会長らが出席。留学生の代表に図書券が手渡されました。

白土会長は「しっかりと教養を身につけて、中国と日本をつなぐ人材に成長していってください」と述べ、最後に「当心感冒」(風邪に気を付けて)と中国語であいさつを締めくくりました。

続いて、本学の中山哲志学長代行が「感謝を忘れず、志を実現できるよう頑張ってください」とあいさつし、経済経営学部2年生の卜政源(ボク セイゲン)さんが「コロナに負けず勉強を頑張っていきます」と日本語で答辞を述べました。

DSC_0734DSC_0742DSC_0748

押庄龙虎平台2年度秋期入学式を挙行 「ぜひ人のために尽くせる自分へ成長してください」

DSC_0702

東日本国際大学の秋期入学式が10月1日、本学1号館で行われ、経済経営学部の4名(国籍?中国、モンゴル、ベトナム)?健康福祉学部1名(国籍?中国)が入学しました。

入学生一人一人の名前が呼ばれ、吉村作治学長が入学許可を宣しました。続いて学長式辞の中で「今の志を貫いて、社会に本学の名を示すような活躍をお願いしたい」と今後の飛躍に期待を寄せました。

次に緑川浩司理事長は「建学の精神である、孔子の教えを実践する人材の輩出が私たちの目的です。ぜひ人のために尽くせる自分へ成長し、思った通りの夢を実現してください」と祝辞を述べました。

DSC_0699 DSC_0694 DSC_0692

押庄龙虎平台2年度秋期学位記授与式を挙行 14名の卒業生が晴れの門出を迎えました

DSC_0711

(学長から記念品を手渡された総代のティンスェリンさん)

 

東日本国際大学の秋期学位記授与式が9月24日、本学1号館で行われ、14名の卒業生が晴れの門出を迎えました。

 

吉村作治学長が卒業生代表に学位記を授与し、学長賞の表彰を行いました。吉村学長は式辞の中で「これから様々な大変なことに出会うと思いますが、本学での4年間を思い出し、自分の力を信じて人生に勝利してほしい」とエールを送りました。

 

緑川浩司理事長は「釈迦の言葉に『衆生所遊楽』とあります。人は楽しむために生まれてきたということです。人生は悩みの連続ですが、それでも前に進んでいくところに本当の楽しみがあります。あきらめずに努力し続ければピンチはチャンスに変わっていく。感謝することを忘れず、これからの人生を歩んでいってください」と祝辞を述べました。

 

▼卒業生(経済経営学部13名 健康福祉学部1名)

総代 ティンスェリン(経済経営学部)

理事長賞 マハラジャン?キショル(経済経営学部)

学長賞 ティンスェリン(経済経営学部)

 

DSC_0721

 

理事長の祝辞

 

 

DSC_0725

 

理事長賞のマハラジャン?キショルさん

 

 

DSC_0737

 

 

 

DSC_0746

 

アカデミックな帽子とガウンでお祝い

留学生を対象とした第一回キャリアLiveを開催 日本文化の特徴と留意点を学びました

8月28日、本学の留学生を対象としたキャリアLiveを開催しました。東京にいる粕谷卓志先生がオンラインで日本文化の特徴と留意点について講演しました。

DSC01874

日本の企業でも外国籍の学生を採用し、ともに協力し合いながら企業の業績、地域社会への貢献が求められます。今回は、日本独自の文化を紹介しながら、「この人と一緒に働いていると楽しい。職場が明るくなる。」そんな人材になれるよう、礼儀正しい挨拶、時間?ルール?マナーの重視、丁寧な仕事と誠実さ、気遣い、配慮についてお話しして頂きました。

S__31408144

参加した留学生たちも真剣にノートを取りながら話を聞き、また質問をしていました。

DSC01876