カテゴリー別アーカイブ: 学生の活動

いわき旅づくりプロジェクト事前学習~久之浜港編~(観光マネジメントコースゼミ校外活動)

今回は観光マネジメントコースの2、3年生で久之浜魚港へ行き、「入札(競り)」を拝見してきました。また、はま水の阿部さんの話を聞き、その後浜風きららにて地域密着型のお店を見ることが出来ました。

写真0(差替え)

写真1

 

久之浜魚港では、競りの様子を見ることが出来ました。競りは午前8時30分から10時までの間行われており、漁港や競りの関係者30人ぐらいの人が常にせわしなく動いていました。カレイやヒラメ、カナガシラやアナゴなどの水揚げの様子をみることが出来、同漁港では「常磐もの」の魚が年間約200種類ぐらい水揚げされていると聞きました。

写真2 (1)

阿部さんの話では、底曳き漁は1年中行っているが、7~8月は禁漁期間として底引き漁を休んでいること、また、漁が始まるのは早い時間だと深夜0時から開始し、朝の7時30分ぐらいに帰港するとのことでした。

アカムツ等の高級魚は1kg数千円で取引されている反面、安価な鮮魚においては1kg数十円から数百円ほどで取引されていることなど、普段競りに携わっているからこそ分かる話を聞くことが出来ました。

特に印象に残っている話は、震災により久之浜魚港が被害を受けてしまったことと市場の取り組みにどのような変化が生じていったかについてです。

久之浜魚港は震災の影響により2019年まで機能していなかったこと、そのため水揚げされていた魚を沼ノ内港まで陸送し競りを行っていたことを知りました。つい最近までそのような状況におかれていたことにすごく驚きました。また、震災により風評被害を受けてしまったこともあり、それを払しょくする努力を続けていることも知りました。

今年度より久之浜魚港は、試験操業から本操業となって以前より漁の回数が増え、漁獲量も増加していることを聞きました。新型コロナウィルス感染拡大の影響により、首都圏への出荷等が減ってしまうなどといったこともありますが、久之浜魚港では今後も継続的に競りを行って欲しいと思いました。

写真3

久之浜魚港は海もきれいで釣りにも適した場所となっております。皆さんもぜひ一度足を運んでみて下さい。

 

ブログ執筆者

経済経営学部2年 佐々木龍一

経済経営学部2年 村上椋音

経済経営学部2年 崔允廷

経済経営学部2年 竹本恭

経済経営学部2年 齋藤卓

東日本国際大学ライオンズクラブ活動報告 「ふくしまオーガニックコットンプロジェクト」に参加③

押庄龙虎平台3年10月17日(日) 9時30分~15時30分

いわき市平下平窪のコットン畑で、東日本国際大学ライオンズクラブ(LC)のメンバー10名が参加しました。今回は、昨年に引き続き、附属昌平高校から8名が参加して、大学生から高校生へ活動内容の説明や、糸紡ぎ道具の使用法の伝達など、学生が主体的に取り組む内容となりました。小雨の中、コットンの収穫作業をしたのち、畑主宅にて、糸つむぎの体験をしました。また、コットン製品のアイデアを考案したり、自己紹介と感想を述べたりして交流しました。

 

ライオンズ活動3①

下平窪?ブラウンコットン畑で雨の中収穫しました

 

 

ライオンズ活動3②

大学生から高校生へ糸紡ぎ道具の使用法を伝達する様子

 

ライオンズ活動3③

参加者で記念撮影

いわき旅づくりプロジェクト事前学習~ワンダーファーム編~(観光マネジメントコースゼミ校外活動)

今回は観光マネジメントコースゼミの2年生と3年生で、いわき市四倉町の農業体験施設「ワンダーファーム」を訪問しました。残念ながら天気は雨でしたが、オーナーの元木さんには温かく出迎えていただきました。

写真1

ワンダーファームはトマトのテーマパークでもあります。まず、私たちは施設の外で元木さんのお話を聞きました。ワンダーファームではトマトを中心に扱っていますが、それは元木さんが幼少からトマトが好きなことと、元木さんの奥さんの実家がトマト農家であることがきっかけだそうです。

写真2写真3

ワンダーファームにはビニールハウス、直売所、レストラン、加工場などの施設があります。トマトを栽培するだけでなく、栽培したトマトを施設で直接販売し、見栄えの悪いものは加工して売ったりレストランでの食材に使ったりしているそうです。また、ワンダーファームではトマト狩りも体験することができ、日照量の多いいわき市でしか栽培できないおいしいトマトを一年中味わうことができます。中でも元木さんのおすすめの品種は、「フラガール」です。

 

ワンダーファームは四倉インターチェンジが近く、アクセスしやすい立地です。皆さんもぜひ一度訪れてみてください。

 

 

ブログ執筆者

経済経営学部2年 早坂一希

経済経営学部2年 細谷謙晋

経済経営学部2年 小泉隼士

経済経営学部2年 根本真衣

2021年度夏休みオープンキャンパス開催 本学の魅力、特性をアピールしました

IMG_2450-1

東日本国際大学?いわき短期大学の魅力、特性を発信するオープンキャンパスは8月1日、東日本国際大学1号館を中心に開催されました。公務員志望の高校生に向けた模擬授業をはじめ、幅広い生徒に対応した入試制度を解説する相談コーナーなど、夏休みのスタートに高校生たちの前向きな気持ちを応援するイベントとなりました。

 

今年度2回目のオープンキャンパスとなります。模擬授業では経済経営学部の「公務員志望の皆さんへ」「エジプト考古学の現場とマネジメント」や健康福祉学部「大学で学ぶということ~福祉の課題から現代社会を読み解く」、「福祉の仕事とその魅力~ソーシャルワークのプロが語る」を行い、いわき短期大学は「絵本の世界へ!~はらぺこあおむし~」、「私ってどんな人?」を行いました。

 

押庄龙虎平台感染症対策にも万全を期し、検温、手指消毒、3密の回避、換気等を徹底して行いました。

 

次回、8月29日(日)のオープンキャンパスが今年最後となります。ぜひ本学に一度足をお運びください。学生?教職員一同お待ちしております。

IMG_2382?IMG_2482-1IMG_2400 IMG_2459IMG_2506IMG_2488

2021年度第1回目のオープンキャンパス開催 本学の魅力の一端を体験していただきました

IMG_1938-1

東日本国際大学?いわき短期大学の2021年度第1回目のオープンキャンパスは7月11日、東日本国際大学1号館を中心に開催されました。模擬授業や各種相談コーナーなど、参加した高校生らは大学の実際の雰囲気を感じたり疑問点を解消するきっかけとなりました。

今回も午前と午後に分けた上で定員を設けて開催。昼の切り替え時には清掃?除菌を行うなどして、押庄龙虎平台感染症対策にも努めました。

 

経済経営学部の模擬授業では「いわきの中山間地域を元気に」や「財布の中身はどこからきてどこにいくのか」とのタイトルで地域振興や経済を身近に感じられる内容に接してもらいました。健康福祉学部の模擬授業は「大学で学ぶということ~福祉の課題から現代社会を読み解く」、「福祉の仕事とその魅力~ソーシャルワークのプロが語る」とのテーマで分かりやすく解説しました。いわき短期大学の模擬授業は「不器用な子どもの理解と支援」、「音のパワー、分解と発見!」の内容で幼児教育を学ぶ大切さを伝えました。

 

今後は8月1日(日)と、8月29日(日)にもオープンキャンパスを予定しております。受験を予定している高校生をはじめ多くの方々にぜひ本学で大学生活の一端を体験していただけたらと、学生?教職員一同お待ちしております。

 

IMG_2014 IMG_2059-1 IMG_2066 IMG_2150 IMG_2174 IMG_2193 IMG_2260

全学共通授業「人間力の育成」で広野町の遠藤智町長が講義

写真①

本学の全学共通授業「人間力の育成」において7月2日、広野町の遠藤智町長による人間力育成講座が行われました。

遠藤先生は冒頭、本学と広野町が共同で取り組んでいる様々な取り組みを紹介されながら、広野町が歩んだ東日本大震災からの復興10年を振り返られました。また広野町が力を入れている政策について詳細に教示され、特に学生や若い世代が住みやすいまちづくりの実践についてお話をして下さいました。
写真②

遠藤先生は広野町のまちづくりをひもとかれながら、ふるさとを大切にすることの重要性を力説され、人間力を育むためには「行動力」「目的観」が必要であることを語られました。講演終了後の質疑応答においては、東日本大震災を契機にたくさんの人に励まされ、町長を志されたことを述懐されていました。講演当日は学生に向けて著書や広野町のご当地グッズをご用意いただき、受講生も大変に喜んでいました。

写真③

 

 

附属昌平高校3年の大平歩さんが緑川理事長にバレエ全日本コンクール優勝を報告 「今後の活躍を期待します」と激励しました

今年4月に仙台市で開かれた「第16回オール日本伊達クラシックバレエコンペティション」において全国1位に輝いた、東日本国際大学附属昌平高等学校3年の大平歩さんは17日、緑川浩司理事長と唐木義則校長へ優勝の報告をしました。

 

DSC02205

 

大平さんは、お姉さんである桃子さん(本学経済経営学部4年)の影響で、小学5年生からバレエを始められ、中?高?大と本学に通う桃子さんの背中を追うように昌平中学校に入学され、今年4月に高校3年生になりました。バレエのレッスンは水曜日以外毎日、放課後に2時間バレエスクールの先生からつきっきりで指導を受けているとのことです。驚くことに、バレエのレッスンやトレーニングにおいては「辛い」「大変だ」といった気持ちは全く無く、常に楽しい気持ちで取り組んでいるとのことでした。

 

昨年1月のバレエコンクールにおいては惜しくも2位の結果となりましたが、結果を真摯に受け止め、悔しさをバネにして自分自身と向き合い練習と努力を重ねてきたとのことです。そして今回、大平さんのたゆまぬ努力が実を結び、プロのバレエダンサーになるための登竜門といわれる大会において、見事全国1位の結果を果たしました。

 

DSC02190

 

以前にもコンクールの結果を受け、約2週間のドイツ留学に招待された大平さんですが、今大会においても素晴らしい功績が認められ、海外のバレエスクールから奨学金付きで招待されることが決定しました。

 

緑川理事長は、世界で活躍するアスリートの例を出しながら、「活躍する方の共通点として、“素直であること”が挙げられる。これからも素直な気持ちで頑張ってほしい。将来、大平さんがプロになり、いわきで公演を開催されることを心待ちにしている。」と激励の言葉を贈りました。

 

最後に、緑川理事長と唐木義則校長より、特別功労賞の表彰状とお祝い金が贈呈されました。

 

DSC02204DSC02191

ライオンズクラブ環境保全に関する功労者の表彰状贈呈式 NPO法人「ザ?ピープル」様に贈りました

331日、東日本国際大学1号館会議室にて、「ライオンズクラブ国際協会332-D地区 環境保全に関する功労者 表彰状贈呈式」が行われました。東日本国際大学ライオンズクラブから、功労者表彰のNPO法人「ザ?ピープル」様に贈られました。

DSC02186

NPO法人「ザ?ピープル」様は、東日本大震災と原発事故の影響で耕作放棄地となった畑でコットン栽培を2012年より進めており、2015年にはライオンズクラブ国際協会より「グッドライフアワード2015環境大臣優秀賞」も受賞されています。

贈呈式の前に、東日本国際大学ライオンズクラブ教員顧問の河合伸教授がNPO法人「ザ?ピープル」様と展開してきた福島コットンプロジェクトを中心とした2年間にわたる活動内容を報告しました。

?DSC02151

その後、東日本国際大学ライオンズクラブ会長である吉村作治学長より、NPO法人「ザ?ピープル」理事長の吉田恵美子様へ表彰状と記念品が贈呈されました。

表彰後の挨拶では、吉村作治会長が「21世紀は環境保全の時代と言われているが、大きなことを言うばかりでなかなか実現している団体はいない。その点、本学の学生とザ?ピープルの皆様は地域の課題解決として地道に活動を楽しく取り組んでいる。その取り組み姿勢が嬉しい」と述べました。

?DSC02166

?

吉田理事長は、「これまでの東日本国際大学の学生の皆さんとの連携した取り組みをこのような賞を頂くという形で認めていただいたことに感謝します。特に昨年5月はコロナ禍でコットンプロジェクトも人がなかなか集まらない状況で大変でした。その中で東日本国際大学の学生が一昨年同様に参加してくれたことが嬉しかったです」と述べました。

?

今後も東日本国際大学ライオンズクラブは地域貢献、社会貢献に尽力していきます。

内定を獲得した学生がキャリアセンターを訪問。センター員全員が大喜びでした

こんにちは。キャリアセンターから押庄龙虎平台です。

3月26日(金)、3年生の1人がキャリアセンターに笑顔で来てくれました。

手に持っていたのは内定通知書、キャリアセンターに来てくれた内定第1号です。

内定1号ブログ

キャリアセンターで内定届、後輩のための受験報告書を書いて提出してくれました。

DSC02137

3月前からインターン等積極的に参加し、履歴書添削や面接練習等キャリアセンターを活用してくれていた最初の内定者の訪問にセンター員全員で喜びました。

4年生の皆さん、すでに就職活動を始めているかと思います。

なにか困ったことがあれば遠慮せずにキャリアセンターに来てください。

また内定が決まった学生は内定届、受験報告書を書きにキャリアセンターに来てください。

 

Enjoy Iwaki Safely! 本学留学生がいわきの観光施設紹介動画を作成しました

本学留学生による情報発信プロジェクト「いわきGLOBAL NETWORK+」は、今年度いわきアカデミア推進協議会の助成を受け、「『コロナ禍に負けない!』観光情報発信プロジェクト」を実施しました。

コロナ禍で思うように活動ができない中、様々な工夫と対策を講じながらいわき地域の取材、発信を行ってきましたが、この度「常磐興産スパリゾートハワイアンズ」と「ヘレナリゾートいわき」のご協力により、2施設の動画を作成、公開しました。

タイトルは「Enjoy Iwaki Safely」で、Part1がスパリゾートハワイアンズ、Part2がヘレナリゾートいわきです。両施設で実施している押庄龙虎平台対策について、留学生が実際に取材し、十二分に満喫できる様々なメニューを体験しました。

スパリゾートハワイアンズでは、ハワイアンズのホテル部門に勤務する本学卒業生の張さんにインタビューし、コロナ禍でのハワイアンズの取組みを伺いました。

取材内容については、動画のほかに体験した各国の留学生による母国語のレポートも掲載していますので、是非下記にアクセスしてみてください。

そして、コロナ禍が落ち着いたら、是非感染対策も万全な、いわきの観光施設にぜひお越しください。

 

◎いわきGLOBAL NETWORK+  http://report.revive-iwaki.net/

 

?Enjoy Iwaki Safely  Part1「スパリゾートハワイアンズ」(日本語ver.)

https://www.facebook.com/IWAKI.GlobalNetworkPlus/videos/146146460637360/

???????01

 

?Enjoy Iwaki Safely  Part2「ヘレナリゾートいわき」(日本語ver.)

https://www.facebook.com/IWAKI.GlobalNetworkPlus/videos/201201964971319/

ヘレナ01

 

(※取材は緊急事態宣言前に実施しました。)